いちご会計事務所とは

いちご会計事務所は、一期一会の気持ちで最高のサービスを提供する事務所です

経営に本当に必要なものが、ここにあります。

今、中小企業の経営者であるあなたにとって必要なのは、経営を改善できる真のパートナーではありませんか?私たちは課題が山積みの中小企業の業績を大きく変えてきました。その取り組みは、一般的な税理士・会計士とはまるで違います。特に資金繰りや資金調達等のお金周りでは、企業再生の経験と独自の金融機関との太いパイプによって大いに力になることができます。また、経営計画を一緒につくり、経営の課題を克服するための経営会議を毎月実施するなど、経営にとって本当に必要なことをまっすぐ助言しサポートするのが当社の特徴です。

いちご会計事務所の概要紹介
(3分50秒)

 

企業理念

会計で世界をより良くする

私たちは「会計で世界をより良くする」の理念に基づき、中小企業の経営を良くするために日々全力で取り組んでいます。経営が良くなることで、経営者様ご自身はもちろん、従業員やそのご家族、お客様、取引業者など、周りの人たちの世界も幸せになっていく。それが10社、20社、30社と増えていくことでもっと幸せな人、幸せな世界が増えていく・・・。だからこそ私たちは、経営の課題を克服できるよう、経営者の悩み・迷いにどこまでも寄り添い続けます。お気軽にご相談ください!

代表メッセージ

この度は、いちご会計事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

いちご会計事務所の所長をしております、公認会計士・税理士の足立でございます。
「会計で世界をより良くする」を経営理念に掲げ、日々一期一会の気持ちで、
お客さまと仕事に向き合い、税務・会計サービスを提供しております。

 

いちご会計事務所は、2008年6月に開業しました。

 

立ち上げ時の2008年という年は、百年に一度といわれる未曾有の世界的経済危機が始まった年でした。
企業においては、生き残りをかけた厳しい経営を余儀なくされ、
多くの企業で経営が立ちゆかず、倒産が相次ぎました。
その当時の企業は、いかに成長するかということよりも、どうすれば生き残ることができるのか?
それを考えることが大切な状況でした。
当時のいちご会計事務所では、このような経済環境に置かれた中小企業の、
企業再生や資金繰り対策をメインに活動し、 多くの企業様をサポートさせていただきました。
そして、このときに得た経験や知識、金融関連の人脈により、「経営改善につよい」「融資に強い」「資金繰り、
資金調達に強い」と言われる、現在のいちご会計事務所の基礎となりました。

 

あれから数年たちました。
当時と比べて、政府の様々な制度対策や景気刺激策により、あの悲惨な経済状況からは幾分回復しました。
しかし、中小企業を中心に未だに厳しい経営は続いており、むしろ経済環境の変化で問題は複雑化していると言える状況です。

 

このような状況にあって、「会計で世界をより良くする」という経営理念の私たちは、何ができるのか?
私たちは、この課題を常に考え続けています。

 

その思考の中で生まれたものの一つが、税務サービスだけを提供する”税務顧問の常識”への反省です。

 

本来、会計とは税金を計算するためにあるのではなく、経営状況を確認し、経営をより良くするために分析するためのものです。
ところが、多くの税理士事務所等では、会計が税計算にのみ利用され、それで完結してしまっています。

 

業績不振の中小企業の社長の方々とお話させていただくと、
多くの方が決算書を分析したこともなく、読んだこともないという事をききます。
また税理士等から、きちんと経営について分析をしてもらったことも、質問されたこともないとも多く聞きます。

 

会社の厳しい経営を改善し、より良くしてゆく第一歩は、会計をしっかりとし、その集大成である決算書分析からです。

 

そこで私たちは、単なる税務を中心とする業務だけでなく、
会計を活用して中小企業の経営を改善し、
永続的な経営が出来るようアドバイスする事を、運営方針の一つとしています。

 

また、このような思考をする中で、もう一つ生まれた思いがあります。

 

それは、「お客様に寄り添い、ともに悩み、考える」と言う姿勢です。

 

一般に専門家に期待されることは、企業の困りごとや問題について、解決策を提供することです。
しかし、中小企業をお客様にする公認会計士、税理士には、もう一つやるべきことがあると私は考えています。
それは、経営者に寄り添うことです。
経営者は経営を決断し、それに全責任を持つ、孤高な存在です。
ただ、孤高であるが故に孤独を感じる存在でもあります。
公認会計士・税理士は、士業の中でも経営者に近い距離で接する立場にあります。
私は、この"孤高であるが故に孤独な存在"である経営者の皆様に、
ともに悩みに共感し考える姿勢でおつきあいさせていただいております。

 

私たちは、「徹底的にお客様の立場に立ち、親身になって当たり前の会計事務所」を目指しています。

代表 税理士・公認会計士紹介

足立 知弘(アダチ トモヒロ)税理士・公認会計士

出身地  :1973年4月 熊本市生まれ
学歴   :真和高校、 静岡大学 人文学部 法学科卒
経歴   :97年公認会計士合格 中央青山監査法人で8年監査、
     地方中堅税理士法人で各種税務業務を3年をへて、現在独立
専門分野 :企業再生、M&Aの財務デューデリジェンス、企業再生業務

<エピソード>
熊本銘菓「いきなり団子」が無ければ会計士人生を歩んでいない!?
足立が会計士になった理由をみる

 

「趣味はプラモデル作りです」

 

初回無料相談実施中!!! 相談可能日程